スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近観たもの、ふたつ。

100708a.jpg100708b.jpg

「ジェネラル・ルージュの凱旋」と「歩いても 歩いても」。

届いてから、あれ、と気がつく。

どっちも阿部寛、、、




「ジェネラル・ルージュの凱旋」

以前「チームバチスタ」を観たとき、映画を見てからドラマ版を観ました。
今回もそうしようかと思って。

堺雅人さんの存在感てやっぱりすごい。
なんかもう、それがすべてだったような。。。
主演ふたりがちょいとかすむ、、、
(ジャケのアベちゃん、ものすご悪者っぽいし)

あの、どうとも取れる「微笑み」は、唯一無二だなぁ、、、

「ジェネラル・ルージュ」という理由、私はちょっとエエ~と感じましたが
「あのシーン」はこの人だからこそ、馴染むのだとも思いました。

ドラマ版では、一体どうだったんだろう、、、

一点だけ、蛇足だ~~と思うところアリ。
ちょっと台無しに感じるというか。いらんかったと思う、、、;;

とはいえ、お話は面白かったです!




「歩いても 歩いても」

ある家族の、ある夏の1日に焦点を当てたストーリー。
「誰も知らない」の是枝監督作品。

「なにも起こらない」お話なのに、評価がものすごく高い。
それが気になって借りてみました。

本当に、ただただ、何が起こるわけでもなく、なにがどうなるでもなく、
ただただ、淡々としたお話です。

けれど、なぜか、次の瞬間なにか起こるんじゃないかという
緊張感に包まれている気がしました。

淡々としているのに、ムダが無いというか、、、

ひとつひとつのセリフ、カット、すべてに意味があるように思う。

なにも起こらないのに、たった2時間で、
それぞれの人物像がすごく濃く伝わってきた。

とくに樹木希林さん。もーゾクゾクします。


私は、すごく、観てよかったなぁと思いました。
スポンサーサイト

心配事&緊張事が続いて
白く細いモノが増えまくりそうな日々ですが
かなり心配だった今週を無事にそして嬉しく乗り越えられたので
とりあえず、ひと安心。。。



そういえば、参観日もありました。

うしろから見ていると、みんなお道具箱ぐちゃぐちゃなのが丸わかりで(笑)
それがなんとも可愛らしい。

懇談では先生が「明日、抜き打ちチェックするんです^m^」って
いじわるそうに笑ってました。

フフフ、、、どうだったんやろ~



100625.jpg

今日まで借りていたDVD。
「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式」。
「お葬式」の当日に巻き起こるドタバタを描いた英国コメディ。

二重にも三重にも膨れあがるドタバタは
まるで三谷作品を彷彿とさせる笑いの展開で
厳粛な「お葬式」だからこそ笑いを抑えられない、、、

そんな雰囲気があります。


笑いはどちらかというとブラックの連続。。。ははは、、、
邦画なら、こうはいかないでしょうね~~^^;;

イントロのアニメーションがシンプルで格好良かったし
エンドロールの登場人物も心温まりました。

そして特典のNG集。
本編がさらに良い印象になり、楽しめました。


序盤は少々退屈な展開ですが
人間関係が理解できた辺りから、目が離せません。

「ハートウォーミング」なお話ですね。
| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。