スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏を感じる切手、まとめて。

120830a.jpg

旧東ドイツ 1968年

ドイツ民主共和国時代のピオネール少年団をモチーフにした切手。

ピオニールとは社会主義時代のドイツ国家において
将来を担う子供たちに学業、音楽、運動などを
英才教育する組織だったらしいのですが
そんな政治的背景を感じさせない爽やかさと楽しさが
この切手からは伝わってきます。

活動は日本のボーイスカウトに似た感じがあって
ネッカチーフがシンボル。

ピオネールの切手は東欧各国にあり
どの切手もホントかわいらしいです♪

120830b.jpg

ベトナムの、トロピカルな果実切手。

スイカなのかな。
メロンもなのかな。
瓜系なのは間違いなさそうだけど。。。


ベトナム切手、じつはめちゃめちゃ好きで
手に入れたい切手が多いです。

120830c.jpg

私が切手を集めるきっかけになった1枚。


ブルガリア 1966年 蒸気船ラディッキー号就航記念切手。



色、形、レイアウト。

すべてにおいて日本のスタイルと差に
かなりのカルチャーショックを受け
切手の魅力に取り憑かれました。



小さな小さなスペースに
ぎゅうぎゅうと詰め込まれたデザインの世界。

この紙切れひとつは、
その時代の背景をしっかりと切り取り、
名前以外ほとんど知らない国の
歴史、文化、流行、政治を

時を超えて、私たちにさまざまなことを教えてくれる気がしています。
スポンサーサイト
| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。