スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

最近借りたDVD。


はやくすっきりしたかった「20世紀少年 最終章」。

レンタルになるのを待って、、、
「新作」じゃなくなるのを待って、待って、、、笑

「やっぱり」と「そういうことか」と、、、 彼の正体がわかってすっきり。

原作が読みたいです。



これも、すっごく観たかった!「南極料理人」。

4月頃、大河ドラマの「新撰組!」全49話を一気に観て
堺雅人さんには、美しくも悲しい「山南さん」の印象が強く残っていたのですが
こちらの映画のお人好しそうな「西村くん」では
あの「山南さん」を微塵も感じさせない、ユルい雰囲気、、、

そのギャップで、より一層楽しく鑑賞できました。

ウィルスさえ生きられない極寒の地で繰り返される「日常」に
クスクス笑いが止まりません。
思わずお腹が鳴る料理の数々、絶妙なキャストと、
おじさんたちの何とも言えない「間」と「テンポ」。


そして、2時間ずっと、ひとつの言葉を待ちました。

それが出てこないところに、
というか「出るか出るか」と期待させるところに
大きな意味があるのかも。。。というのが私の解釈。

「かもめ食堂」系が好きな方は、きっと好きです。



こちらは、しばらく前に借りたもの。「ディア・ドクター」。

西川美和さんの作品、、、好きです。
見終わったあとの余韻が。

「あーおもしろかった」という清々しい感じではなくて
どっちかというと「陰」な重い余韻なのですが
暗く、深く、じわーーーっと考えさせられてしまう感じが、嫌いじゃない。

西川監督、いつも、人間だれしも持っている「見せたくない部分」を
躊躇無く、思いっきりえぐり出してる気がします。


一番ゾクゾクしたのは、急患が運ばれてきたときの、
鶴瓶さんと余貴美子さんふたりだけのシーン、、、  

あの空気感は、すごい。

 瑛太さんは、あのキャスト&キャラクターたちの中では
 ちょっと「惜しいな~」という気が、、、しました




「新撰組!」をおさらいして幕末の流れを掴めたので
10話くらいで止まってる「龍馬伝」のつづきを観ようと思います。

福山龍馬には、まだまだ違和感があるんだけど、、、
COMMENT
おぉ!
南極料理人、何やら面白そうですね♪

自分も福山龍馬に ちょっぴり違和感あったりする1人です^^;
*お茶屋さん

おもしろかったですよー南極料理人!
難しいこと一切ナシで笑えるのがいいですね!

福山さんね^^
最後はどう演じるのかといまから期待と不安が入り交じります~~
「20世紀少年」も「ディア・ドクター」も観たいと思ってる映画。

堺雅人ってなんか雰囲気あるよね~
「ジャージの二人」はゆ~るゆるな演技、
「クライマーズ・ハイ」は迫真の演技、
色んな顔ができる実力派の役者さんやね。

「南極料理人」も観てみたいな~
*Hinata-Boccoちゃん

「ジャージの二人」と「クライマーズ・ハイ」、
観てないから、チェックしとくーー^^

「南極料理人」、良いよぉー 借りてみて♪

肩凝らなくって、私はスキ!

この中のDVD紹介にあった、
堺さん主演の「クヒオ大佐」っていうのも
設定がぶっ飛んでて笑えそーだよ^^
「クヒオ大佐」も気になっててん。
私にはウッチャンにしか見えへんわ(笑)
ほんと引っ張りだこの役者さんやね。
*Hinata-Boccoちゃん

ウッチャン!(笑)ほんまや~~そうやった~~!!

ぜったい見よーっと^^

振れ幅が大きくて、その役にしか見えない役者さんて
めったに居ないよね。

またオススメあったら教えてね!
西川美和監督の「ゆれる」もよかったよ~
夫婦揃ってお気に入り♪

見終わった後見る側に課題提供してくれる映画。
もう一度見たいわ~
*Hinata-Boccoちゃん

ドキッとした~~!!

「ゆれる」、私、邦画でいちばん印象に残ってる映画ですっ
何年か前に日記に書いてるねん~~

あんなにもピシーと締まっていて、奥行きのある邦画って、滅多にないよね。
「ゆれる」のタイトルが、もう絶妙で、、、

2・3日すんごいいろいろ考えた映画やった、、、
香川さんの演技にも飲み込まれたというか。。。

しばらくはどんなドラマや映画も、褪せて見えたよ(笑)

私も、邦画でおすすめするなら、いちばんはこれだと思う。

またもや同じアンテナで興奮気味です(笑)
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。