スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月は大きな行事がポコポコ。
今日は、娘たちの七五三お参りの日でした。

101121a.jpg

7際と3歳なので、ふたり一緒のお参りです。

長女は淡い黄緑の着物。
次女は黄色い着物。

選ぶとき、長女は私との意見がぴったり合ってすぐに決まったんだけど
次女は「黒がいい~」とニッコニコ、、、

うーん、黒も可愛かったけど、ふたりが並んだときのことを考えて
この優しいトーンの黄色で落ち着きました;;

 まぁどっちでもよかったみたい、、、

101121b

4年前の、水色に白い被布を着た長女。
このとき私のおなかには次女がいました。

「この子が女の子だったら、4年後に一緒にお着物だねー」
と話していたのがついこの前のことのよう。

そしてあっという間に、実現。
とても感慨深かった。

101121c.jpg

まだまだ7歳と3歳だけど
スクスク育ってくれているなぁと、本当に喜ばしく思う。


ふたりには両親が揃い、大切にしてくれる祖父母がおり
食うに困らない人並みの生活が保障され
教育や友達に恵まれ、なにより健康に恵まれ
幸せで穏やかな人生を歩み出していると言える。

本当に、幸せな子達だと思う。



だけど時折、私の中では

 辛いことや苦しいことを経験しなければ
 本当の幸せや優しさや物の大切さはわからないのかもしれない

という思いが沸いてくる。

今の、なんの不自由のない生活では
本当の幸せや優しさや物の大切さを知り得ないんじゃないだろうかと。



不幸だったとは決して思っていないけど
自分のような育ち方をさせようとまでは、、、思えない。

でもいつか、なにか困難にぶつかったとき
この子達が誰にも流されず
この子達自身で選んで、決断して、自信を持ってその道を進んでいけるように
そういう人生の選択ができるように「心のつよさ」を育てたい。

「誰か」じゃない「自分」で生きられる強い心。
そういう育て方をしたい。
心底そう思う。


それには、私自身の「心のつよさ」ももっともっと必要だなぁと感じています。



「甘やかすこと」は、周りの誰かがきっといつでもしてくれる。

だけど、ぎゅーっと抱きしめていっぱいいっぱい「甘えさせること」は
親である夫と私にしか、できない。


だからこそ「甘やかすこと」は、決してしたくしない。

その境界線は人それぞれだと思うけれど
私は「まだ小さいから」とか「まだわからないから」とか
そういう決めつけもしたくない。

手厚い手助けも必要ないと思っている。


まだ小さくてもまだわからなくても
なるべく困ってほしいし、迷ってほしい。

ついでに嫌な思いも経験してほしい。



と、エラソーに言いつつも、やってることが違ったりすることも多々ありまして。

だから、私にはもっと「つよさ」が必要で
模索しながら、迷いながら
私自身の道をきめていかなければと思ってる。


「子供あっての "自分" 」ではなく「 "自分" あっての子供」という気持ちを見失わないように。



、、、まぁとにかく
大きな行事がいっこ終わって、ホッひと安心なのであります。
COMMENT
んー…。すごーくわかる。し、すごーく考えさせられる。
私自身何の苦労もなく、恵まれすぎて育ったように思うから、なんとなく自分は足りない人間のような気がしてるねん。

筋の通った人、自信のある人、きちんと選択できる人…。
そういう強い意思のある、でも人の気持ちを汲める優しい人になりたいって思うんだけどね…。そして子供達にもそうなってほしい。

私、今少し迷子やわぁ^_^;
co.cocoちゃーーん!!

寝不足、疲れ、大丈夫かなぁと心配してるよ~~
よく寝てくれる三女ちゃんだといいなぁ^^



親としては、子供に強く育って欲しいって思うのは当たり前だよね。。。

でも「強くなりなさい!」って言い聞かせてなるもんでもないし
いろいろ難しい><

お互い、子供はまだまだ小さいし
これからなにがあるかはわからないもんね。


だからこそ

「逃げないこと」「耐えること」

子供には、そういうことを体得してほしいなぁって思う。


そのためには私がいまあまりにぬるい環境に居すぎる気がして
子供に身をもって何も教えられないから
だからどうしたらいいか、すーーんごい迷うんだよね。

厳しく育てようなんて思う前に、それ以前に
自分にもっともっと厳しくならなアカンわ。。。って
私の方こそ迷子になってるんだよ~~^^;;
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。