スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年生になった長女。

本人の希望で、バレエのレッスンを週1から週2に増やしました。


1日は今までと同じ支部教室で、
もう1日は車で30分の本部教室へ通うことに。

140620.jpg

それを機に、ようやく、ポワントレッスンが始まりました。

背が低い長女。
8年目で、初トゥシューズです。

長かった、、、




次女も同じように本部通い。

距離や時間的なこともあり
ちょっと難しいけど長女と同じ時間のレッスンにしてもらいました。


次女のポワントはまだまだ先だろうけど
本部レッスンで良い刺激を受ければ
ひょっとしたら長女より早い段階で許可してもらえるかも、、、^^



いままで、支部でとっても楽しくレッスンしていて
いまも何の不満の無いんだけど
少々「物足りなさ」は感じていたかもしれないみたいで、、、

決して、決して、上手とかではないんですが(ほんとに苦笑)
ふたりともバレエがとっても大好きなんです。

その気持ちは、バレエを初めてからずっとずっと強く変わらなくて。


私はとても嬉しくて、何かを大好きで打ち込んでいる姿勢が嬉しくて
別に、バレエのコンクールに出るとか、将来バレエで何かとか
そこまでは全く考えていないけど
「もっとやりたい」という強い気持ちがあるなら、
喜んでレッスンを増やしてあげたいと夫も私も迷いなく思いました。


次女は、30分延長レッスンの長女を待つ間に
更衣室でイスを机代わりにしながら宿題をがんばってるみたい。

長女は、帰って来てから弟の世話と宿題と勉強、
一生懸命こなしてる。


勉強もがんばって、他の習い事も頑張って、バレエもがんばる。




だから、私も送り迎えやサポートをがんばろう!





これによって、今年の発表会は幕作品にも出られることになって
親としてはちょっとイロイロ大変になるんだけれども
ふたりの初配役、、、とってもとっても楽しみです。

息子は5月から幼稚園へ通い始めました。

3歳になりたてホヤホヤ。

140619.jpg

お世話になってる幼稚園に
数年前から年少さんのひとつ下の、満3歳児クラスが出来て、
息子はそこへ入りました。


なぜ5月からかというと、

このクラスの入園は「3歳誕生日の翌月から」なので
4月生まれの息子は5月から通園になりました。

ほぼ4年保育です! ありがたい!



月から金まで、年少〜年長さんと全く同じように
普通に通園しています。

定員は10人くらいで、今は3人のクラス。
これから毎月ちょっとずつ人数が増えていきます。


- - -


入園するか否かを決めなければならなかったのは
去年の秋で、息子2歳半の頃。

精神年齢がまだまだ1歳ちょいの息子が
5月から通園する姿なんて
どうひっくり返っても想像できなくて
無謀かなと随分悩みました。

保健師さんから発達相談のお呼び出しがかかるくらい
成長がのんびりだったし もちろん現在も、、、
「言葉が出るのが遅い」というよりも、
年齢なりの精神的成長が「ゆっくりすぎる」ということに対して
あれやこれやと多方面に心配したり、されたり、
上の子たちには無かった様々な心配事が渦巻いて
「まぁ元気ならいいか」と思いつつも
言うことが何も理解できない息子を前に、悩みは尽きませんでした。

なのに、そんなややこし男児が3歳でいきなり通園なんて、集団生活なんて。



んーーーーーー




でも、どっちにしろ年少さんで入園するんだし


まぁなんとかなるやろ!!  



という適当な考えが最終的な決断理由でした。




適当って、、、って感じですが ^_^;

実際、あれこれ考えてもしゃーないと思い、決めました。



なんとかなるやろ。成長もするやろ。と。




そして、、、

毎日笑顔でバイバイしながらバス通園しています。




今年赴任された先生が受け持ってくださって
とってもお若くて、どんな方なのかなと私も緊張してたんだけど
このS先生がほんっっっっとーーーに良くして下さって
最初はテーブルの上に登って騒いだり
勝手に園庭に逃走するような息子を
じっくり温かくサポートしてくださって
息子も先生が大好きになっていて
毎日毎日とっても楽しそうです。


喃語だらけで全然会話できないけど
劇的な成長が垣間見られて
この1ヶ月半、家族で感激しまくりです。笑

手を繋いで歩くだとか
食事の時に手を合わせるだとか
バイバイ言いながら手を振るだとか
自分で靴下を履くだとか
3歳ならば、いや2歳でも当たり前のことばかりですが、、、
でも息子には劇的な成長!!




たくさん刺激を受けて、たくさん成長しておくれーーー


そしてはやくお話しよーーねーーーー

全くしゃべれないけど、完オムだけど、

一応、なんとか、それなりに、

幼稚園に通っている息子。



マイブームは  ありのまま  になること。。。


140617.jpg


トイレなわけでもなく
かゆいわけでもなく

とりあえず脱ぐのがたまらんらしい。


履かせても、脱ぐ。


また履かせても、また脱ぐ。


脱いで逃げる。


笑顔で逃げる。。。




ほんっっっとやめてほしーーーー ><

大好きなチーズたっぷりのパンを
ごきげんに食べる息子。

140130.jpg

先週、息子の心臓検査の日だったんだけど、、、


なぜか、なぜだか、
私の頭からそのことがぽーーーーんと抜けておりまして、、、


「うおっっっ」と声を上げて突然思い出したのは、予約の1時間前。


「今日はゆっくり寝てたねぇ〜」と
息子を着替えさせてるとき、
引き出しから前ボタンの服を手にしたとき、

完全にオフな状態の頭の中に、


え、え、え!!!
わわわ、今日検査やーーーーーん!!><  


どーーんと、きました。


なんで忘れとるんやーーー


診てくれる大学病院の先生は、月に2回来るか来ないかだから
予約忘れてたーなんてことになったら、、、

あわわわわ><



心臓検査は前開きの服が必須なので
それが思い出すカギでした。

被るタイプ手にしてたらきっと思い出さなかった〜〜〜^^;;




でも、睡眠薬で眠らせてからの検査なのに
もー手こずって手こずって、
薬飲んでもフラフラした足で動き回って、、、 コノヤロー!笑

全ては準備も忘れて朝ゆっくり寝かせてた私が悪い、、、;;


で2時間後、眠剤シロップ+坐薬で、ようやく落ちました。





検査、何回行っても慣れることがない。


暗い部屋で、息子が眠っていて、はだけていて、
目の前に息子の心エコー画面があって
息子の体に器具をあてながら
画面を見つつ、先生たちが何やらぼそぼそ会話している。


当たり前だけど、なんもわからない私。

なにか見つかったらどうしようとか
あの白いのはなんだろうとか
いま指さした部分になんかあるんやないかとか

ぐるぐるぐるぐる、、、、


なにもわからないだけに

不安だけしか無くて、

薄暗い部屋で、画面だけがぼやっと光っていて

それで余計に不安がつのって、


この時間は、なんとも表現しがたい気持ちになる。




とはいえ、検査結果は半年前とほぼ変わらず、いまのところ問題ナシ。


はー、ひと安心、、、








川崎病発症から1年が経過しました。



退院後からこれまで、4〜5回検査をしてきました。


今後は年1回のペースになるとのことでした。


順調ならば、就学前に終わるはず。





この1年、息子の体調が一番気がかりでした。



ちょっと熱を出しただけで

体のどこかがちょっとでも赤かったりしただけで

ちょっとでも発疹らしきものがあったりしただけで

ちょっとでも目が赤いように感じたりしただけで

私の心臓がドクーーーンと動きました。



いつも体の隅々を見てました。



「再発」という2文字が頭から離れない。

そんな1年でした。




体調は全然、普通です。

普通に元気です。


食べるも遊ぶも走り回るも、病気前と病気後、全然変わらない。


全てはきっと私の「気にしすぎ」なんだろうけど
私が「気にしすぎ」にしなくて
誰が「気にしすぎ」にするんだーと
なんとなく思いながら
あまりガツガツせず、ゆるーく「気にしすぎ」でいたいと思います。


どのみち、この状態とは長いこと付き合っていかねばならないから。


たまには
暗い部屋で不安パンパンも良いやないの。
なかなか寝なくて困るのも良いやないの。


そうやって、なんとかうまいこと気持ちをまわしていきたいと思います。

子供が何しようとどうしようと、
それどころじゃない感じ。。。

習い事の付き添い時間さえも惜しくって。

母親になっても、いつまで経っても
子供中心に考えられない自分が居ます ><


そんな中、息子の体調がどうも気になる、、、

130708b.jpg

ん〜。

熱が上がったり下がったり。

下がりきらない状態が長いのと、
気掛かりな症状がいくつか続いてるのと。



もうすぐ心臓の定期検査。

何も無ければよいのだけど。



んっ。 ない! ないない!!
« NEW | TOP | OLD »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。